苦手科目は平均点狙い

受験勉強を経て中学受験を目指す中で、どうしても苦手な科目と向き合うことも出てきます。そもそも苦手な科目があるのはどうしようもないことが多く、性格などによって好き嫌いなどがある場合やなにかしらの苦手意識を持ってしまっているがゆえに頑張って勉強してもどうにもならないことも多いのです。もちろん、それを克服できることが一番いいわけですが、それができない場合には得意科目にしようとするのではなく、あくまでも平均点を狙いにいきましょう。そこで高得点を狙おうとしても苦手意識がさらに強くなってしまう恐れなどもありますので、そうなってしまうよりは平均点を狙っておく程度のことがベストと言えます。

一番いいのはその科目を得意科目に変えられることですが、数年の間にそれをおこなおうとするのはかなり難しいですから、まずは平均点を狙うことを考えましょう。中学受験を乗り切ったあとに、苦手な科目を得意な科目に変えるための努力をするのは良いことですが、今それをおこなうべきかどうかは考えものです。あくまでも志望している中学校に合格して通えるようになることが第一条件ですから、とりあえずはその合格のことだけを考えておきたいものです。