志望校は複数決めよう

中学受験をすると決めたら志望校を決めることが最初の作業となりますが、この際には志望校をいくつか決めておきましょう。複数の志望校を併願する形で受験をおこない、そこを目指して勉強していくことがベストなのです。ひとつにしてしまうと、その学校を落ちてしまった時点で終わりです。しかしながら、滑り止めとしてランクを落とすなどしていくつかの志望校を持っておきたいものです。そうすれば全てを受験し、その中で合格を得られた学校への進学が可能となります。ただし、あまりにも志望校が多いと勉強しなければならないことが多くなります。

特に面接や作文はそれぞれの中学校ごとに特徴が異なりますので、志望校がたくさんある場合にはそのために準備しなければならない要素も多くなってしまいます。勉強自体は共通ではありますが、こうした要素ではそれぞれの学校ごとに異なりますので、志望校が多いとこのようなデメリットも出てきますので、対応が可能なのかどうかよく考えた上で志望校を決めておきましょう。しかしながら、必ずしもひとつに絞り込む必要はありませんから、2つや3つの志望校を決めておき、そこに向けて受験勉強をおこなっていくようにしましょう。