学校訪問で情報を得る

中学受験の志望校を決めた上で学校訪問をおこなうことも考えていきましょう。志望校を資料や噂などだけで決めてしまうのも悪くはないのですが、その学校の雰囲気や施設などを把握する意味でも実際に見学をしておいたほうがいいと思います。実際に通い始めて、雰囲気が合わないとお子さんも辛いかもしれませんから、お子さん自身も連れて行ってそこに馴染めるかどうかを考えておきたいものです。もちろん、そこが名門校と呼ばれるような場合には、雰囲気よりもそこに通うことを選びたいものですから、我慢も必要ということになるのですが、そもそもこのような中学校の場合には、人柄などで生徒を選んでいる部分が大きいために、雰囲気に関しても問題がないケースが多いので、心配しなくてもいいと思います。

面接を重視している場合が多いために、人間性に注目して合格者を選んでいる場合が大半ですから、そのような部分はそこまで心配することはありません。しかしながら、たとえそのような学校であっても実際に見学はおこなっておきたいものですから、リアルな姿を目にしておきましょう。学校によっては見学会などを用意しているケースが多いので、このようなチャンスを活かしておきましょう。