できる喜びを教えよう

中学受験をおこなう上で親御さんの応援は欠かせません。そして、親だからこそできることもたくさんあります。そのひとつがお子さんに「できる喜び」を味あわせることです。何かを達成できたときの喜びは誰しもありますが、お子さんの場合にはまだそのような経験はないこともあります。しかし、成功体験をしたときの喜びは、その後の努力に力を発揮しますので、これから中学受験をおこなうという段階において、早いうちに経験させておきたい事柄です。早い段階でできる喜びを味わっておくことができれば、その喜びがクセになって、次のハードルを乗り越えようと頑張るわけです。

たとえば自分が苦手な科目があったとして、その問題になるとどうしても難しく考えてしまうようなお子さんがいたとします。この場合、何の喜びもないままでは前に進めないのですが、親御さんが一緒になってそのような状態に向き合い、できる喜びを与えていくことで、本人は嬉しくなって前に進むことができますし、その喜びをもう一度味わいたいと思って、次の難しい問題にも挑むようになるのです。受験勉強とはこの繰り返しですから、最初のきっかけを親御さんが与えてあげるようにしてみてください。