子供の熱意を冷ますな

子供が中学受験をおこないたいと思ったからこそ、中学受験を親子で決意し、両親もそこに向かって頑張るわけですが、このお子さんの熱意がいつまでも冷めないかと言えば、実はそうでもありません。中学受験を決断してから、実際に本番を迎えるまでの間にはそれなりの時間があります。たとえば小学3年からスタートさせたとしても3年以上の勉強期間があるわけですから、その間に熱意が冷めてしまうこともあるのです。このようなとき、親がするべきことはひとつです。その熱を取り戻してあげることです。
また、冷めかけていると感じるようなときには、それを完全に冷え切った状態にしないようにしてあげることが大切なのです。

これは、普段からお子さんに目を向けていないと気づけないことでもありますので、日頃からお子さんの姿から目を離さないようにしましょう。中学受験までの期間は長丁場になることのほうが多いので、その時間を無理なく乗り切れるように調整してあげることも親御さんの役割と言えます。おおまかなスケジュールを組んであげたり、ときにはリフレッシュさせてあげる時間を設けてあげるなど、お子さんのコンディションを調整し、常に熱い気持ちを持たせてあげましょう。