愚痴は幾らでも聞こう

これから中学受験をおこなう小学生を持つ親御さんが、子供に対してできることのひとつが愚痴を聞いてあげることです。受験をおこなうとなれば、そこには当然ながらストレスも溜まります。ストレスを生み出さないことがベストですが、さすがにそうもいきません。そのため、問題はこのストレスを溜め込まないことなのです。しっかりと吐き出させてあげて、ストレスがない状態をできる限りキープしていくことがベストなのです。受験勉強は長い期間に亘っておこなっていくことが多いために、ストレスが溜まった状態が長引けばそれは大きな問題になってしまうことがあります。結果にまで影響を与えてしまうこともあります。

そうなってしまっては意味がありませんから、日々お子さんと向き合いながら、ストレスを抱えていないかどうかを見極めてあげましょう。そして、ストレスがあるとわかれば、何に対して苛立っているのかなどを聞き出してあげたり、漠然とした不安を取り除いてあげるようなことを親御さんがおこなっていきましょう。受験をするのはあくまでもお子さんですが、そのサポートをおこなうことができるのは親御さんなのです。たとえ学習塾を使っていても親はそうあるべきです。